« 帰路へ(第3章) | トップページ | 職場のなやみ ~第3章~ »

2012年5月13日 (日)

出雲徒然なる旅~第3章~

2010年7月16日。

出雲への3回目の旅の日。

 今度は、車で行く。けど、

 実は車を所有してません(^^)。

 実家の車を借りることに。

バスの方が楽なのに・・・、とも思うかもしれません。

前回はレンタカーだったんだけど、これがカーステレオ一切なし。運転中めっちゃヒマな思いをしたので(^^)。時間的にも自由がきくしね。

今回は下道で行こう。国道9号線一本で行ってみよう。

午前中、実家でウダウダしてしまったので、出発は午後に。

京都にほど近い実家から出発。北上をはじめ、沓掛交差点で国道9号線に入る。

・・・実は今日の晩は宿を予約していない。

今日のうちに松江や出雲までたどり着くとは思っていないからだ。途中途中で目についたところに立ち寄り、夜になれば行き着いた道の駅に車をとめて車中泊、文字通り自由な旅を、久々にしたいと思ったので、宿は予約しなかった。

福知山に差し掛かったのが2時くらい。市内は少し渋滞していたが、抜け出し、豊岡方面へ。天気が良く、運転中に虹が前方に見えたりして、一人だけれども楽しいドライブになった。

途中、「但馬大仏」という看板が目に留まった。

最初は気にしてなかったが、また同じ看板が目に留まった。

・・・少し脇道にそれてみようか。

9号線から右へそれ、上り坂。

てっぺんまで来たなと思ったら、真っすぐな橋の向こうに、中国にありそうな感じの立派なつくりの寺院が見える。 あれか。

P1000105

拝観は4時までの模様。もうすぐ4時だ。よかった。まだ入れるようだ。

  この写真は、本堂ではなく、正門(^^)

P1000106

中に入って初めてこのお寺の名前がわかる。 

「長楽寺」

奈良時代くらいに「行基」が建てたお寺のようだ。。。

入って左手に大きな建物、そして、正面にも大きな建物。本堂だ。

中に入ると、ごーっつい大仏が。

そして、大仏さんの前に、これを唱えなさいとばかりに札が。

「おんころころせんだりまとうぎそわか」

一畑薬師と同じ(^^)。

左手の大きな建物に上ってみる。スゴく景色がいい。空気もいいし、景色は日本ではなく、中国に来たみたいな感じだった(^^)。

お詣りを終わって、さぁ次へ。

山を下りて、再度国道9号線に合流。湯村温泉に少し寄って、更に鳥取方面へ。日もとっぷり暮れたが、鳥取・島根にはまだまだ届かないようだ。

どこか適当な道の駅を探そう。。。

m.jpg【海外ビール】グロールシュ・プレミアムラガー 缶 24本 1ケース 販売価格: 5,330円 (税込)!




にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

« 帰路へ(第3章) | トップページ | 職場のなやみ ~第3章~ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583702/54700229

この記事へのトラックバック一覧です: 出雲徒然なる旅~第3章~:

« 帰路へ(第3章) | トップページ | 職場のなやみ ~第3章~ »

★スポンサーリンク★

無料ブログはココログ